« バイト風サラリーマン生活19 | トップページ | お墓参りと。。蛍光灯交換 »

2014年3月20日 (木)

バイト風サラリーマン生活20

インターネット通販大手、楽天の複数の社員が出店業者に対し、元の値段をつり上げて割引したように見せかける不当な価格表示をするよう指示していたことが明らかになりました。

 関係者によりますと、楽天の複数の社員がネット上のショッピングサイト「楽天市場」の出店業者に対し、商品の元の価格をつり上げた上で割引することで、実際の販売価格が安くなったように見せかけるよう指示していたということです。

 消費者に誤解を与える価格表示を楽天が主導していたことになり、景品表示法に触れる可能性もあります。

 楽天は去年11月、プロ野球球団の優勝セールの際にも、一部の出店業者による不当な価格表示が発覚していました。今回の問題について、楽天は「事実であれば誠に遺憾。事実関係を調査している」とコメントしています。(20日11:21) Yahoo ニュース

************* とのこと。。

目の仇にしている訳ではありませんが、気になったので。

「事実であれば誠に遺憾。事実関係を調査している」ってことは会社指示ではないと言っているようなもの。

会社の指示ではなく個人判断で指示したとすると、その売上げに伴い何らかの見返りがある仕組みだったのでしょう。
成績が上がるとか、査定がよくなるとか。。。

コンプライアンス違反?などにあたります。
会社側としては、管理不行き届きくらいですね。

その社員を処分し、「まことに申し分けありません! 再発防止に取り組みます」 などと言い頭を深ぶか下げるだけでおわります。

個人判断ではなく上司からの指示であれば、会社による組織ぐるみの犯罪です。

でも上司と言っても、トップダウンなのか部門長なのか、更に小さな下の組織隊なのか。

売上げ向上を目指すのは当然のこと。

その手法が問題になります。

この企業のように、ある程度行き着くとこまで行き着いた状態では、更にその上を目指すのはかなり困難な状況でしょう。

絞りきった雑巾から更に水を絞るのは大変なこと。

最後に残るのは不正行為。

上の方たちは具体的な指示は決してしていないでしょう。

ただ、目標とする数値だけを部下に強く指示するだけだと思います。

最終的には、最小の組織体の上長、または個人がその不正行為に手を染める結果となるんでしょう。

いずれにしろ、上の方たちには大きな影響を与えない仕組みになっているのですね。

この会社の調査後の見解が楽しみです。

急成長後の次の手段をしっかり考えている経営者が有能な経営者って事ですかね。。。

店舗数や売上げなどの数値だけにこだわり、流行のキーワードを並べたて、毎年○○の一つ覚えのように騒いでいる様な腰掛経営者陣はボンクラってことですね。
何時かは行き詰り、その結果犠牲になるのは一部の社員。

私のお世話になっている会社も同じです。。。。ね。

個人的にはKFCは凄いと思ってます。

店舗数は増やさず、地味に現状維持で成り立っているのだから。。。

« バイト風サラリーマン生活19 | トップページ | お墓参りと。。蛍光灯交換 »