« 大雪注意報 その3 | トップページ | 大雪警報 »

2014年2月12日 (水)

バイト風サラリーマン生活 10

先日、パワハラで移動になりGL不在となっている部署は、まるでフセインが失脚した後のアフガニスタンのような状況になっているように思える。


今までは目障りな存在であったGLだが、全く役に立たなかったわけではない。

上司にゴマすったり、業者への厳しい要求などにより微妙なバランスで成り立っていた感もある。
やっと目の上のタンコブが無くなったと同時に、今までの役目を負う人間が現れなければ収集が付かなくなる。

GLともなれば、部下全員から慕われるような立場ではなくなる。
時には理不尽な要求も出さなければならない。


その理不尽さを部下たちが非難して失脚となったのだから、自らその立場に立とうとするものは出てこない。
と 言うか、出られない状況。

今までの経験上、出世欲のありそうな他部署のGL候補をここぞとばかりに投入しこの場を収めるのでしょう。


このGL候補だった人間は、この先2つの道の選択肢が用意されている。

がんばってこの部門を立て直す道。

もう一つは、これを期に昇格しその後収集が付かなければ自ら移動願いを出す。

いわゆる、昇格だけに利用する道。

 

今後この部署がどうなっていくのか、影ながら見守ろう。



« 大雪注意報 その3 | トップページ | 大雪警報 »