« せかんどライフぷらん 07 | トップページ | せかんどライフぷらん 09 »

2013年12月11日 (水)

せかんどライフぷらん 08

前回記事 07の、管理部門の具体的な事象を残しておきます。

鵜匠(そうむぶ)から飼いならされた鵜(部門窓口)に一報がありました。

棚卸し業務をせよ!

固定資産・リース資産・レンタル品

そのメールには、棚卸し方法や期日など詳細に書かれた書類がどっさり添付。

年に2回行われる棚卸し業務なので、内容は全く同じで日付だけが変更になっているもの。

しかし、今回は説明会も実施するとのこと。

やな予感・・・

そうです!私も飼いならされた鵜の1羽なのです。 クワッ!クワッ!

説明会。。。

「忙しい中お集まりくださってありがとうございます。」

(ほんと、忙しいのに・・)

この後延々と資料の説明が続く

どう客観的にみても、我々に説明しているのではなく、隣の上司に。。。

話し方は抑揚を付けて、説得するかのごとく。。。

(ちょっと笑えた)

結局、説明は資料を丁寧に読んだだけ。

時間にして30分

鵜にとっては、とても無駄な時間だった。

その後新提案と称して新しいプレゼン資料が映し出された。

題目は

 『現場(鵜)の方々の工数を削減し、、、』

(おいおい! そもそも現場に押し付けているお前らの問題だろ~)

 『精度を上げた棚卸し管理の提案!』

(はぁ? 今まで精度が悪かったの?)

そーなんです。

前にも書いたけど、現状況を悪見せて未来を上げる手法!

名付けて、”一度しゃがんで、ちょっとジャンプ”

内容は驚愕の 2回実施していた棚卸しを 1回にする!

更に、管理ステムの変更はせずに精度を上げる!

現場(鵜)の方々の意見が聞きたい!

(それを考えるのはお前らの仕事だろう!!)

本当に馬鹿げている。

一切意見することなく過ごしました。

結局は現場管理が重要になり、鵜匠(そうむぶ)の仕事は半減するだけ。

この説明会は、発表者の上司に対するアピールと、現場に責任を負わせるためのものとなりました。

十数人もいる鵜匠たちが、分担して1回/月で分担して確認すれば良い事なのに、そういった発想は全く無い。

人を利用することだけしか考えない文系人間のお話でした。

Ukai2

誰も取り締まることできないのが大企業病なのですね・・・

おつかれ~

(本内容は事実に基づいた内容であり、脚色等一切してありません)

« せかんどライフぷらん 07 | トップページ | せかんどライフぷらん 09 »