« SCS-T160 東芝 | トップページ | せかんどライフぷらん 02 »

2013年12月 1日 (日)

せかんどライフぷらん 01

ちょうど5年前にもこの支援を活用しようとしていた。

社内のIT関係の仕事に従事し10数年。

It00

ITツールって仕事を増やすだけで、ほとんど役に立っていないことに気づき、嫌気がさしていた時期。

IT部門はアピールだけを考え、会社全体を巻き込み約5年の歳月と300億円もの予算を使い、残ったのは使い勝手の悪いシステムと年間数億の保守料だけだった。

導入後はレガシーシステムから大幅に能力ダウンした分を取り戻すことでアピールを始めた。

ERP・PDM・サプライチェーンなどと当時の流行語のような言葉を並べ立て、予算をとり無理やり実行。

It01

不具合が発生しない状況を強制的に作り上げての運用テスト。。。

上層部も途中から気が付いていたとは思うが、転がりだした大きな玉は止められる状況ではなかったようで、すべてが順調に進んでいることで最後まで転がしていくしかないとの判断。

当然のことながら、システム導入後は各所からの不平不満が噴出。

後の祭りで、この環境を維持していかなければならなくなった。

昨今では、「IT祭り」も終わりシステム関係は削減の方向に進んでいる。

世の中全体がそうなってきている。

懲りずにKYなIT部門は、規模は小さいながらもシステム構築の予算を出し続け、自部門の存在感を知らしめるため「押し付けシステム」を作り続けていた。

しかも、数十人いるIT関係社員は、「SE」という名の都合の良い職種名の下で、大手の委託会社に依頼するだけ。

このありさまに嫌気が差し、5年前にこのセカンドライフプランに申し込みをした。

つづく

(画像はイメージであり本文とは一切関係はありません) 

« SCS-T160 東芝 | トップページ | せかんどライフぷらん 02 »