« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

STEP2 いざ!産卵セット

・加水した産卵木を半日くらい日陰乾する。
・次に、飼育マットを適度に湿らせてケースに入れる。
2cmくらい硬く敷き詰め、その上に産卵木を置き更にその上から飼育マットをゆるめに乗せる。
産卵木は自然の洞(うろ)と同じようにもぐる隙間ができるよう配置を考えて置く。
寒い時はその洞の中で冬眠をしたり、産卵の場所となる。

あとは餌を入れ1回/3日くらいのペースで餌切れの確認と霧吹きなどで加水する。

flair オオクワガタの死亡3大要因

 ①高温  : 温度は高くても35℃を超えないこと。
 ②乾燥  : 飼育マットは適度に湿気が必要
 ③餌切れ: 餌切れが無いように注意


です。

しかし、マットや産卵木を加水し過ぎても産卵しなかったり、卵が腐ってしまうことがあるので、マットは強く握って固まる程度で、産卵木は日陰乾しが重要になります。

で! セットしたものが、こちらになります。

Img_0252_r_4  
Kuwa01_3


まだ少し寒いので次は一週間後に合いましょう!

2010年2月27日 (土)

STEP1 産卵セットの準備

いよいよ暖かくなってきたので産卵セットの準備を始めます。
まず、産卵木(椎茸栽培に使ったクヌギのホダ木)を加水します。


Img_0249_r

Img_0250_r

一晩じっくり待ちましょう!

2010年2月24日 (水)

ZR 部品LIST_10

とりあえず交換するであろう部品の価格を調べてみたdollar

■クラッチ部

Img_0257_r

Zr10_2

純正部品はそんなに高価ではないね!

2010年2月23日 (火)

スクータの駆動系の仕組み

スクータの駆動系の仕組み

スクータの無段変則機構が分かるとメンテナンスの必要性が理解できます。
下記図が無段変則の仕組みです。
殆どの部品が擦れたり、引っ張られたりと、過酷な条件でバイクを走らせています。
(各画像をクリックすると動きが確認できます)



Puripuri_2


■エンジンが直接軸をまわす部分
プーリーボス、ドライブフェイス、ドライブプーリー、ウエイトローラー、ランププレート

Vberuto_2 

■エンジンの回転動力を後輪に伝える部分
トルクカム、センタースプリング

Torukukamu 


クラッチ、クラッチスプリング

Urakura_2

これらの部品を替えることで、調子が上がる。

また、サイズ・重さを変えることで低速or高速重視、加速重視などさまざまな仕様にカスタマイズできる。

面白い。。。

安く中古車を購入し、この部分を新品に交換するだけで見違えるよう走りがよみがえる。


すばらしい。。。

ZRは調子が良いので、まだいじるつもりは無いけど、時期が来たら一度覗いてみたいと思います。happy01

目安は、最高速の頭打ち、加速の違和感かな。。

2010年2月22日 (月)

ブログの整理

ブログ内容が、2年前から変わってきました。
ゲーム中心でしたが、今はいろいろ。。。
興味あることがあっち行ったり、こっち行ったり coldsweats01


内容を見ながらカテゴリも見直しました。


根本的には、個人的メモなので今後も遠慮なくいろんなジャンルを書いていきます。

救われたのは、ブログの題名です。

何を書いても影響の無い題名にしていて良かった。。
下手すると、ブログ更新停止になってしまう。coldsweats02

2010年2月15日 (月)

次はこれだな!

Mf_2

メッキバージョン がカッコイイ~happy02

ZEROで販売

ストレートカットの90Φ!!

2010年2月 7日 (日)

YAMAHA ZR Evolutionが

納車されました。
2003年型  部品カタログ

うーん外観・スタイルも納得です。

Zr1_2 

さすが2スト
加速も半端ない! ZXほどではないが。。。

今後も環境問題で、規制が厳しくなるので
お宝スクーターになりそうです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »