« Nintendo Wii | トップページ | ■Wiiソフトのバックアップ »

2008年11月20日 (木)

■Wii本体のダウングレード

 FW3.3Jv1で「Twilight Hack」したWiiが対象

先日行われた「Wiiショッピングチャンネル利用の為のアップデート」では(裏)で微妙なUpを行い対策されてしまった。 とのこと
画面上では「FW3.3J」でも、実際はFW3.3Jの更新版v2・v3と内部で変更されている。
このアップデートを適用したWiiではcISOの導入がブロックされ、インストールの最後の段階で「faired=1017」エラーで導入が出来なくなってしまうとのこと。
起動・導入が可能になるためには、FW3.1J, 3.2Jに戻す必要がある。
cIOS導入済みのWiiと未導入のWiiで導入方法が異なる?
 
cIOS未導入の場合

<準備>
 IOS-Downgrader_v1.0
 WAD-Manager-IOS16
 IOS16.wad
 IOS36.rev6

上記4ファイルを ってDL 

Wiidg_set

「Twilight Hack」&「The Homebrew Channel」導入時に使用したTwilight-Hack導入用SDカードへファイルを配置する。

  SDカード
   ├ 「apps」
   | ├ 「homebrew_browser」
   | ├ 「IOS-Downgrader_v1.0」
   | └ 「WAD-Manager-IOS16」
   └ 「WAD」
              ├IOS16.wad
              └IOS36.rev6.wad

 dioiwinigiriaidie wiiitihioiuit ciiioisi.iriair pihiainitioimi1

<手順>
1)Wiiを起動し、Homebrew channelから「WAD-Manager-IOS16」を起動。

2)「IOS16.wad」を選択して、+ボタンでインストールしインストール完了後、HOMEボタンで再起動。

3)再びHomebrew channelから「WAD-Manager-IOS16」を起動後、「IOS36.rev6.wad」を選択し、+ボタンで押してインストール。
インストール完了後、HOMEボタンで再起動。

4)最後にHomebrew channelから「IOS-Downgrader_v1.0」を選択し、
Aボタンでダウングレードを実行します。1~2分待ちます。
(ここで自動でネット接続しDLとインストールを同時で行う事になります)

この方法でダウングレードすると「Wiiショッピングチャンネル」の利用も可能になる とのこと!

cIOS導入済みの場合

<準備>
Custom IOS37 rev3 → Custom IOS37 rev3.dolを「boot.dol」にリネーム
IOS37-64-v2070.wad → SDのルート
Custom IOS downgrader → appsへ


1) appsフォルダに「cIOS37」フォルダをつくり、「boot.dol」を入れる
2)IOS37-64-v2070.wad を SDのルートへ置く
3)「cIOS-Downgrader_v1.2」をフォルダごとappsへ入れる

  SDカード
   ├ 「IOS37-64-v2070.wad」
   └ 「apps」
           ├ 「cIOS-Downgrader_v1.2」
           └ 「cIOS37」
                  └「boot.dol」

<手順>
1)Wiiからhomebrew channelを起動しCustom IOS37を選択、最後にSUCCESSと出たら導入完了
2)homebrew channelを起動しcIOS-Downgrader_v1.2を選択、ダウングレードしたいバージョン(3.1J,3.2J)を選択

以上でダウングレード完了

実機で試してないので、参考までに!

3.4jでTwilight Hackが可能になった!現状は使わなくてもよさげ!
2008/11/26

DS Lite最後の砦企画開催中

« Nintendo Wii | トップページ | ■Wiiソフトのバックアップ »