« マジコン価格暴落の兆し | トップページ | マジコン X-day »

2008年9月12日 (金)

偽物

偽物R4に関して

■パッケージや付属品等含めて見分けがつかない場合
 
 分解してみると

①チップが全く異なる(チップの両面実装など明らかに異なる場合)

R4_fake





NDSマジコンwiki


②回路的には同じだが、チップのロット番号や、パターンの配回し、形状が微妙に異なる場合

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

①に関しては、偽物です。 これは、即クレームですね!
②については、基盤パターンなどはライン(機械は1つで無いので)やロットにより微妙な差は出るので、偽物とは判断しがたい。

これよりも、怖いのは

  正規品でもコストを抑えるために検査しないで出荷をするケース

です。


検査せず不具合品は即交換と言った形を取っていると思われます。

手にした本物のマジコンでも、ハズレを引く可能性は十分あり、頻繁に不具合が出るような場合は、購入元に遠慮なく連絡する必要があります。

正規品での不具合は、半田不良か部品不良のどちらかです。
これらの不良は、バーニングテスト(熱を加えたり、負荷をかけたり)で事前にチェックできます。
しかし、この工程を行っていない場合は、ユーザの手元に届いてから長時間使用した際に不良となります。
出荷前のSHOPでの初期不良の動作確認済みとは意味が違います。

このような背景から、長期(1ヶ月~3ヶ月)の保障を付けてくれる良心的なSHOPも増えています。

結局 アタリ を引くか ハズレ  を引くかは運しだいです。

■パッケージも違えば、カーネルも違う

 これは偽物と言うより、別ものと考えれば良いと思います。
 確かに、R4と一言っても、R4DS、 R4Ⅲ、R4SDHC、R4_ADVANCEと現在4種類存在しますが、それぞれHPもあり、カーネルも提供されているので問題ないかと。。。
 パッケージやロゴが極似しているため、初心者はR4を購入しようとして、R4ⅢやR4SDHCなどを間違えて購入することがあるかも知れません。
 しかし、コピー大国のなせる業! 十分理解する必要もあると思います。

R4DS 元祖!
R4ds







R4-Ⅱ→Ⅲ
R43







R4-SDHC
Sdhc








R4-ADVANCE
Advance









それにしても、URL・ページ構成・パッケージ・付属品 もろもろ極似ですね~
同社で、市場を広げるための戦略であれば納得ができるのですが。。。

どうなんでしょう ?? 
でも、元祖のHPのみ  Official って入ってます。



R4-Ⅲでは9/11にカーネルがアップしてます。
元祖より更新が良いではないか・・


Up_2



しかしUP内容が分からない。。。

DS Lite最後の砦企画開催中

« マジコン価格暴落の兆し | トップページ | マジコン X-day »