« DS日本語一覧 | トップページ | ビック・タイトルはチート必須? »

2008年9月16日 (火)

Nintendo DSとマジコンの共存

ソフトメーカーやNintendoの言い分はごもっとも、真っ向から勝負するのも否定しません。
しかし、現状だと、対策→解除→対策の同道めぐり。
新型や高度な対策をしても、いつかは解除されてしまいます。
逆に対策費も上乗せで、ソフト開発のコストもプラス方向になってしまいます。
また、ゲーム機の使用にも制限が付けられたりして、本来の使い勝手までも悪い方向になるのは間違いありません。

そう考えると、別の方法も考えておく必要もあると思います。
「ピンチをチャンスに!」ではないですが、マジコンの存在を大いに利用する方法があっても良いのかなと思います。

現状を良い方向に考えると
①マジコンの急速な普及。 → 動作環境の拡大
②チートの需要がある。→ チートの標準装備
③無名タイトルのダウンロード → セールス環境の拡大

これに加え、自作プログラムの公式コンテスト等。。。
マジコンを認めた上での戦略。。。

なんとか、ならないのかな~

DS Lite最後の砦企画開催中

« DS日本語一覧 | トップページ | ビック・タイトルはチート必須? »