« R4_ゲーム起動LIST by v1.18 | トップページ | DS Disk Check »

2008年8月12日 (火)

DSTTの導入

導入方法 【情報元】

新規にカーネルを入れる場合はmoonshell1.17p1(現在の最新)同梱版の1.11をダウンロードした後に最新版をダウンロードして展開したフォルダ内のTTMenu.datファイルとTTMenuフォルダをMicroSDにコピーする

 v1.11を導入して最新版にUpしてみる。

導入手順

■v1.11+moonshl_1.71p1導入

 TTMenu v1.11 + moonshell1.71p1 (日本語版)をダウンロード

V108











上記4つのフォルダとファイルをMicroSDにコピーする。

これでv1.11とmoonshlの導入は完了 


■v1.15へUP

TTMenu v1.15(日本語版)をダウンロード

V109











上記2つのフォルダとファイルをMicroSDに上書き保存(置き換える)!

これでv1.15へのVerUpは完了 

完成版はこちら ( v1.15JP + moonshel1.17p1 ) 

これで2472も、問題なく起動!
       R4(V1.18)はチートコードの編集しないと動作しない

<MicroSD構成>

① 「TTMenu」
② 「moonshl」
③ 「MoonShell_DSTT.nds」
④ 「TTMENU.DAT」
 「ROM」
⑥ 「MOVIES」

カーネルのVer.Up時は「TTMenu」「TTMENU.DAT」のみ入れ替える。
moonshlのVerの最新がリリースされた時点(多分もう出ない)でmoonshlを入れ替える必要がある。
現在(moonshl_1.71p1が最新) 入れ替える場合はここを参照



「ROM」
フォルダ⑤を作成し、この中にROMを入れる。
「MOVIES」フォルダ⑥を作成し、この中にDPG形式の動画ファイルを入れる。
(名前は何でも良く、作成しなくても良いが、整理する意味で。。。)

DSTTは2階層まで自動認識してくれるので、画面への表示はフォルダを作らない時と同じ。

また、R4のSAVデータをそのまま使えるので、入れ替えがとても便利

DS Lite最後の砦企画開催中

« R4_ゲーム起動LIST by v1.18 | トップページ | DS Disk Check »