« MSの読み込み速度改善 | トップページ | CFW3.71M33-4へ出戻り »

2008年4月16日 (水)

Ultra Pandora Installer v3

この使い方をメモっておこう!

最初にCFWを導入した時は、言われるがままで意味を良く理解していなかったため、何かあった時のために、まとめておきます。

■目的

 PSPの修復
 いつでも公式FWに戻す
 CFWの導入し直し

そのためには、やはりMMSを作っておいたほうが良いので、やって見ます。

■機能赤字が今回使用するメニュー

 Upiv3

 

 

 

 

 

 1.MSのフォーマット
 2.Universal Unbricker v3の導入
 3.ms0:/msipl.binの書き込み

 4.Pandora's Battery用の1.50のアップデータの展開
 5.Universal Unbricker v4の導入
 6.MS Multi Loaderの導入
 7.バッテリーのNomal⇔Jigkick

■動作環境

 ・3.71M33/3.80M33/3.90M33のPSP
 ・256MB以上のMS(1Gを用意した

■必要なもの

・Ultra Pandora Installer v3の入手

・1.50、3.40、3.71の公式アップデータ

■準備

①Ultra Pandora Installer v3を解凍

Ultra_Pandora_Installer_v3/
 ├MsRoot/
 │ └PSP/
 │   └GAME/
 │     └ltra_Pandora_v3/
 └Leeme.txt

②MMSにしたいMS(用意した1G)の ms0:/PSP/GAME/にUltra_Pandora_v3をコピー

ms0/
 └PSP/
   └GAME/
     └Ultra_Pandora_v3

これで準備完了です。

■MMS作成(3.71を導入し直したいので、UUV3用MMS)

通常通りPSPを起動し、XMBよりUltra Pandora Installer v3を起動させます。

1.MSのフォーマット

FORMATEAR MEMORY STICKを実行します。MSをフォーマットし、msipl.binを書き込むIPL領域を確保します。


フォーマットしたのでMS内には何も入っていません。
再度以下の環境をMSに作り起動します。

ms0/
 └PSP/
 │   └GAME/
 │     └
Ultra_Pandora_v3
 └
150.PBP (FW1.50用EBOOT.PBP)
 └
340.PBP (FW3.40用EBOOT.PBP)
 └
371.PBP (FW3.71用EBOOT.PBP)

2.Universal Unbricker v3の導入

INSTALAR DESPERTAR V3を選択して実行します。実行することでMSにファイルを展開し、msipl.binが生成されます

3.ms0:/msipl.binの書き込み

INSTALAR MSIPL.BINを実行します。msipl.binをMSに書き込みます。

これでUUV3のMMSが完成です 

« MSの読み込み速度改善 | トップページ | CFW3.71M33-4へ出戻り »