« flash(flash0,1)のバックアップ | トップページ | ■ソフトの吸出し »

2008年2月27日 (水)

■UMDをメモリースティックにコピーして遊ぶ

【特徴】
・メモステから起動のため、ロードが高速 。
・UMDドライブを使用しないのでバッテリー消費が少ない 。
・大容量のメモステが必要だが、いくつもソフトを入れられる。
・UMDを使わないので、いつまでも新品状態で保存できる。

作業は

1.CFW導入PSPでUMDからISO吸出し
2.ISOファイルの起動

【1】 CFW導入PSPでUMDからISO吸出し

<手順>

1.PSPの電源をいれXMB(クロスメディアバー)で、SELECTボタン(3.71 M33~)もしくはHOMEボタン(3.52 M33-3~3.60 M33)を押して「VSH MENU」を表示させます。
 (私は3.71 M33~なので、SELECTボタン)
表示されない場合一度PSPの電源を落としてRボタンを押しながら起動(リカバリーモード)して設定を変更してVSHをEnableにしてください。
 (おーっ 逆にVSH MENUを表示させたくない時はリカバリーモードでVSHをDisableにすればよいのか フムフム)

2.「USB DEVICE」の項目で十字キーの左右を押し「Memory Stick」から「UMD Disc」へ変えます。

3.再度SELECT(or HOME)ボタンを押して「VSH MENU」を消し、XMBから「USB接続」をします。

4.すると、PC側でUMDがISO形式で認識されます。

5.ドラッグ&ドロップもしくは、右クリックから「コピー」でPCに「貼り付け」して「UMD9660.ISO」を転送してください。

6.転送が終了したら、分かりやすいように名前を変更しましょう。(日本語でも大丈夫です)
 (何やらCFWのVerによっては、日本語名や全角文字、名前が長い場合はエラーになるとのことなので、私はなるったけ短くしています。)

7.転送はこれで完了です

【2】 ISOファイルの起動

<手順>

1.PSPのルートフォルダに「ISO」フォルダを作成します。

2.「ISO」フォルダの中に「ISO」ファイルを転送します。

ms0:/
└ PSP/
ISO/ ← このフォルダを作り、この中にISOファイルを入れる

3.PSPにUMDを入れます。(UMD無しでも設定すれば起動できますが、起動率が悪いのでUMD入れることをお勧めします。)

4.PSPを立ち上げXMB、ゲームの項目のメモリースティックを選択します。

5.先ほど入れた「ISO」ファイルが表示されているので、選んで○ボタンを押せば起動できます。

« flash(flash0,1)のバックアップ | トップページ | ■ソフトの吸出し »