« チートコードの編集 | トップページ | Top Menu »

2008年2月20日 (水)

NAND flashのバックアップ

NAND-FLASHって何?

【概要】

NAND flashとはFWを含めたPSP本体の情報を圧縮したデータです。
正常な状態のPSPのNAND flashを抜き出し、保存しておく事で、PSP本体のソフト系の故障はその保存した時の状態に戻す事が出来る。

NAND flashのバックアップ

■用意するもの

・CFW SE/OE/M33のいずれかを導入したPSP-1000/2000
Open Source PSP NAND Dumper v0.1
・容量の空きがあるメモリースティック
   PSP-1000の場合33MB以上の空き
   PSP-2000の場合66MB以上の空き

■設定

「Open Source Nand Dumper」をダウンロードして解凍する。
次のようなファイルが出てくる。

Open Nand Dumper 3[1][1][1].xx/
ond_3xx/
|├ EBOOT.PBP
|└ nand.prx
├ readme.txt/
└ src.zip

「ond_3xx」フォルダをms0:/PSP/GAMExxxフォルダに入れる(「GAMExxx」フォルダはそれぞれのCFWのバージョンに合ったもの)。

CFW3.71の時 ms0:/PSP/GAME371とする
CFW3.80の時 ms0:/PSP/GAME380とする

このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
└ PSP/
  └ GAME371/  or GAME380/
     └ ond_3xx/

■バックアップの実行

PSPを起動し、XMBの「ゲーム」→「メモリースティック」から「OPEN NAND DUMPER 3.xx」を起動。

プログラムを実行後、終了するとMSのルートに「nand-dump.bin」というファイルが作成される。

ms0:/
└ PSP/
| └ GAME371/  or GAME380/
|    └ ond_3xx/

nand-dump.bin ← ここにバックアップが作られる

PSPとPCをUSBで接続し、nand-dump.bin をPCに取り込み、CFWのVerが分かるように保管する。

一度バックアップしたら、次のバックアップまで必要ないのでGAME371フォルダ名を現在のCFWのVerと異なるものにし、XMBのメニューに出さないようにしている。

注 NAND Flashの書き戻しはかなり危険なので、PSPがbrickした場合でも最後の手段とする。 らしい・・・ 

 よって保険的にバックアップしている状況 

DS Lite最後の砦企画開催中

« チートコードの編集 | トップページ | Top Menu »