« R4 ndsファイルのサイズ縮小化 | トップページ | ■UMDをメモリースティックにコピーして遊ぶ »

2008年2月22日 (金)

flash(flash0,1)のバックアップ

flashって何?

情報元

1.PSPの内部にある flash(flash0 flash1) はカスタマイズ情報が入っている大切なファイルなので、これらのバックアップを取っておく!

【flashの構造】
主にカスタマイズで変更するのは、flash0/vsh/resouce/ の中のデータです。
flash0内のデータは膨大ですが、カスタマイズで変更する箇所はある程度限られています。

flash0のフォルダ構造(抜粋)]
flash0
├data/
├dic/
├font/  ←フォント
├kd/
├kn/
vsh/
   ├module/
   ├nodule/
   └resouce/
      ├01-12.bmp       ←1~12月 標準の壁紙
      ├gameboot.pmf     ←ゲームの起動動画
      ├impose_plugin.rco   ←音量のバー
      ├opening_plugin.rco  ←電源起動動画
      ├sysconf_plugin.rco  ←USB接続時のスライドバー
      ├system_plugin.rco   ←XMBの動作音
      ├system_plugin_bg.rco ←XMB WAVE
      ├system_plugin_fg.rco ←バッテリー表示
      ├topmenu_plugin.rco  ←XMBのアイコンファイル

【詳細】
CFWのPSPは、アイコン変更、ゲーム起動画面変更、音量表示変更、バッテリー表示変更、XMB WAVE変更などなど、いろんなカスタマイズができる。
しかし、これらはPSPのファンクションでは変更できず、PSP内部のflashと呼ばれる領域のデータを直接変更しなければならない。
危険であったり自己責任といわれるのはこのためだそうです。
flashを書き換えるような、これらの作業を行う前には必ずバックアップをする必要がある。

【flashのバックアップ方法】

①まず、PSPとPCをUSBケーブルで接続 
②Rボタン+電源オンでRecovery mode起動
AdvancedToggle USB (flash0) を選択
④PSPのflash0がリムーバブルディスクとしてPC側で認識される
⑤PC上で新しいフォルダーを作成してflash0を全てコピーする
⑥flash1も同様に③Advanced → Toggle USB (flash1) を選択し④,⑤の手順でflash1をすべてコピーする
⑦flashを書き換えるような作業(XMBの改造など)
⑧動作しない等不具合が発生した場合は、コピーしておいたPCのバックアップからflash0,1を戻す

バックアップしたflashデータは、CFWのバージョンがわかるようにしておいたほうが良い。
同じCFWでもツールの導入毎に取れば完璧ですが、そこまでは必要ないので、CFWのVerを新しくする前の状態で取っておくことにする 

【その他】

 XMBから起動して、簡単に操作できるTOOLなど沢山あるが、頻繁に使用しないので現状は、既存の機能で十分かと思う。

 flash2,3もあるが、中は空っぽ!何だろ。。

« R4 ndsファイルのサイズ縮小化 | トップページ | ■UMDをメモリースティックにコピーして遊ぶ »